読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cannon Ball

主にゲームに関することを中心に書いていきます。

日菜子ちゃんをいわう話

 

幸子「準備できましたよ!プレゼントの中から更にプレゼント。これはサプライズですよね!」

 

まゆ「そうね、幸子ちゃん。持って入るプレゼントの用意は大丈夫?」

 

幸子「もちろんです!しかし、プレゼントナンバーワンのボクを渡した上でのプレゼントですからね~、随分と悩みました」

 

まゆ「うふふ。日菜子ちゃん、喜んでくれるといいわね。」

 

幸子「はい!さあ、箱に入りましょう。まゆさんから、先にお願いします。」

 

まゆ「あら、はーい。」

 

幸子「2人でちょうどピッタリですね。箱をしめますよ。暗いですが、今回は空気は確保してあります。」

 

まゆ(日菜子ちゃん、プロデューサーさんと一緒だから。もうしばらくかかると思うけど・・・。まあ、予定より早いでしょうし。ゆっくりまちましょうか)

 

幸子「まゆさんどうしました?」

 

まゆ「いいえ。なんでもありませんよぉ。さあ、プレゼントはちゃんと持っててくださいね」

 

幸子「はい!さぁ日菜子さん、待っててくださいね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P「意外と早く片付いたな、もう事務所だ。 」

 

日菜子「そうですねぇ~。今日もステキな笑顔が見れて楽しかったです~。」

 

P「楽しかったのならなによりだ。おっと、ちょっと用事を思い出したから、先に事務所に行っててくれないか。イヤーワタシトシタコトガウッカリウッカリ 」

 

日菜子「 でしたら。。。そうですね、はい~わかりました~」

 

P「スマナイナー、スグモドルカラナー」

 

日菜子(なんとなく判ってしまったら。 一緒に行くなんて野暮ですよねぇ~。今日のプロデューサーさんはソワソワだから。日菜子までソワソワしちゃいます~♪ )

 

(ガチャ)

 

箱「・・・・・・」

 

日菜子「・・・・・・・・・へ?」

 

箱「・・・・・・・・・・・」

 

日菜子(えっと、 どうしよう?)

 

箱「・・・・・・・・・・・」

 

日菜子「ふむ・・・」

 

 

箱「・・・・・・・・・・・」

 

日菜子「・・・・・・・・・」

 

箱「・・・・・・・・・・・」

 

 

日菜子「・・・・・・・・・」

 

 

箱「・・・・・・・・・・・」

 

 

日菜子「・・・いやぁ、さすがに白馬は入りませんよねぇ~?」

 

 

 

箱「・・・・・・・・・・・ 」

 

 

日菜子(開けて欲しい気配は感じるんですよねぇ・・・・)

 

 

箱「・・・・・・・・・・・」

 

 

日菜子「えっと、あけますよぉ ~」

(そっと箱をあける)

 

まゆ「しー(小声)」

 

日菜子「?」

 

 

まゆ「しー(小声)」

 

 

幸子「すー、すー(寝息)」

 

日菜子「ふふふ。 しー(小声)」

 

 

 

幸子「すー、すー(寝息)」

 

 

 

 

 

幸子「ん、ううん。。」

 

日菜子「幸子ちゃん!」

 

幸子「ん?えっ、あ、ひ日菜子さん?」

 

日菜子「はい~。おまちかねの日菜子ですよぉ~」

 

 

幸子「わっ!ちょっと、入らないで下さい!流石に3人は狭いですからー!」

 

 

 

 

 

 

幸子「まったく!日菜子さんはたまに突飛な行動にでるんですから。」

 

日菜子「嬉しくてつい~。」

 

幸子「つい~、じゃないですよ!」

 

日菜子「 ごめんなさい~。しかし自分をプレゼントなんて夢が有りますね。むふふ、今日はたくさん話しましょうねぇ~♪」

 

幸子「ま、まあ。喜んでもらえたのならそれでいいです。しかし予定が狂いましたね、ええっと・・」

 

まゆ「幸子ちゃん。せーので一緒に渡しましょう?」

 

幸子「あ、はい!では、せーのっ!」

 

さちまゆ「日菜子ちゃん(さん)、お誕生日おめでとうごうざいます!」

 

日菜子「ありがとうございます~」

 

 

(ガチャ)

P「おまたせー!戻ったぞ。ケーキだぞケーキ。って、箱ォ!? 」

 

(コンコン)

P「・・・おーい、また発送されるぞー(小声)あれ?居ない?」

 

幸子「今日はちゃんと伝えてますから大丈夫ですよ!」

 

日菜子「プロデューサーさんー。こっちですよぉ~」

 

 

P「ん?ああ、三人共そっちに居たのか。おーいケーキ、あれお茶が用意されてる?」

 

まゆ「お待ちしてましたよぉ~、プロデューサーさん」

 

P「もしかしてバレバレか・・・? おっ?なんか嬉しそうだな、日菜子」

 

日菜子「はい~、今日は日菜子がお二人を独り占めなんですよぉ~♪」

 

幸子「フフーン。ボク達を独占なんて、日菜子さん幸せ者ですね!」

 

日菜子「そうですねぇ~。そして、さらに頂いたプレゼント・・・開けてもよろしいですか? 」

 

さちまゆ 「もちr

 P「ちょっとまって、ちょっとまって。」 

 

さちひなまゆ「?」

 

P「私もプレゼント持ってくるから、ちょっとまって」

 

幸子「・・開けた後でも良くないですか?」

 

P「良いけど、良いけど。一緒に渡したいんだよ~。すぐ、スグ戻るから。」

 

まゆ「あらあら」

 

日菜子「いってらっしゃ~い♪」

 

幸子「まったく、こういう時のプロデューサーさんは子供みたいですね。ん?どうしたんです? 」

 

日菜子「むふ、プレゼントに囲まれる日菜子・・・むふふ~」

 

幸子「あー。」

 

まゆ「ふふっ。まあ、待ちましょうか、プレゼントは逃げませんし。」

 

 

 

 

 

 

 

まゆ 「それにプロデューサーさんのプレゼントがないと、まゆのプレゼントは意味がないし。」

 

日菜子「ほえ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

まゆ「うふっ♪」